自分の体型はしっかり数値化して把握しよう♡

自分の普段のファッションを買う際には、お気に入りのショップでデザイン、生地、サイズをしっかり見極め、試着をして購入する、というのが一番安心の方法ですよね。
ですが最近ではネットショップで購入するという方法も断然増えていますので普段から自分の体型とサイズ感を気にしている人も多いのではないでしょうか。

ドレスを選ぶ時、街中のドレスショップではなかなか希望通りのデザインや価格に出会えないことの方が多いのが現実です。

コーディネーター

お気に入りのネットショップでベストサイズのドレスをゲットする!というのが一番いい方法になります。
そしてドレスを選ぶにあたっては普段着以上にジャストサイズを選ぶということが重要なポイントとなるんです♪

なのでまずは、自分のサイズなどをしっかりと採寸してみましょう。メジャーはやわらかい巻取り式のものなどが100円ショップで簡単に買えますし、自分では測りにくければ気心の知れたお友達通しで採寸し合うのもオススメです。

測り方のポイント

  • バスト:バストトップのところで一周させ、水平にフィットさせる
  • ウエスト:一番くびれているところで一周
  • ヒップ:ヒップの一番高い頂点で一周
  • 肩幅:肩の骨の出っ張りを感じる部分〜首の付け根の骨〜逆の肩の骨の出っ張りまで
  • 袖丈:手を脱力して降ろした状態で、肩の骨の出っ張りを感じる部分〜ひじの骨〜手首の骨まで

普通のドレス同様にS、M、L、9号〜13号などとサイズが選べるタイプから、基本のワンサイズのみのものもあります。
これら表記はメーカーなどによっても大きな開きがあったりして曖昧な場合も多いです。
なので、どちらにしても自分の体型を採寸しておけば、サイズにかかわらず、ドレスの情報として着丈やバストサイズなどが表記されていますのでその数値と照らしあわせてみることが失敗しないサイズの決め方といえるでしょう。

キャバドレスのサイズはジャストサイズを選ぼう♡

ドレスは自分を印象つける顔です。
そしてドレスという性質上、フィット感がある、ないの違いだけで、キレイに見えるかどうかに大きな開きが出てきてしまうんです。

例えば、ゆったりとした胸元のドレープが印象的なドレスが少し大きめだったらどうでしょう。
胸元は開きすぎてブラがしっかり見えてしまったり、ブカブカすぎれば、貧相なバストの印象にもなってしまいますね。
ウエストなども同じです。
キレイなフィット感が美しいスタイルを作ってくれるドレスもくびれが強調されなければ意味がありません。

逆にピチピチで小さいサイズなら、窮屈な印象と無理に着ている感じが男性にも伝わってしまったり、さらには、立ち上がったときにビリッ…なんてことになったら最悪です。

コーディネーター

サイズの決め方はまず最初にドレス選びの重要なポイントになるのでしっかり自分の体型を知ることから始めてみましょうね。
採寸をしっかりしていると自分の体型の変化もわかってダイエットにも繋がる嬉しい効果もありますよ♡